だてブログ

ねことテクと趣味のブログ

卒論書き方メモ

卒業論文の書き方と構成(おちラボより)

  1. 背景と問題点
    • この研究をする動機
    • どういう分野で何を対象
    • 想定環境、前提条件
    • ニーズ、想定した環境において何が問題か
    • 先行研究
    • 本研究の位置づけ
  2. 目的
    • 問題点から問題を解決するための要求仕様を明確にする。
    • 要求仕様を満たすための問題解決のアプローチ
  3. 手法
    • どのような方法で目的を達成するのか
    • 抽象レベルで説明が理想 ⇦ 難しい
    • どのようなツールやライブラリを利用したのか,
  4. 実装
    • 作ったものを具体的に書く。,,, システムの概要・機能, システム構成図,画面構成,画面遷移,クラス図,シーケンス図,ER図,API仕様
  5. 結果, 評価, 考察
    • どのようなものを実現(完成)したのか?動作例
    • 性能評価やユーザ評価などによ り、有効性を証明
    • 作ったものについての考察
  6. 参考文献

卒論が満たすべき要件(理系のための「即効!」卒業論文術より)

  • 他人の真似ではない新規なアイデアがメインの主張であること
  • なんの問題をなぜとくのかが述べられていくこと(第一章)
  • どのようにとくのが良いのかが述べられていること(第2章)
  • その解き方はなぜ可能なのかを述べられていること(第3章)
  • 十分な証拠が示されていること(第4章)
  • 総括と自己評価が与えられていること(第5章)

卒論の全要素(理系のための「即効!」卒業論文術より)

  • 表紙
  • 要約
    • 第一文に論文の趣旨(それ一~文で読む価値がわかるように)
    • 「考えたこと、やったこと、結果の概要、成果の意義」をそれぞれ1~2文で書く。
  • 目次
  • 第1章:問題設定
    • あなたが解こうとする問題はなんですか
      • 問題点を指摘 or メリットを指摘
    • その問題には必要性や需要がありますか
    • あなたの取り組む問題は未解明で新規のものですか
    • 有用性はどれくらい見込めますか
      • 従来は未解決だった問題を解決する、
      • 従来の方法よりは効率が良くなる
      • 問題全体の解決は難しいので、解いて意味のある部分に限定
      • 問題全体の解決は難しいので作戦立案に必要な情報を調査収集
    • 関連研究を引用
      • 先行研究における決定版を引用し、それを踏襲することを宣言
      • 自分の研究はどのような分岐を新たに作り出すのかを宣言
  • 第2章:問題解決方法の候補の優劣比較と選定について
    • タイトル - 解決策をどう模索したかがわかるように書く。
    • ソリューションを表を使って比較評価
    • 評価の理由と根拠
  • 第3章:選んだ解決方法が実行可能である理由(その解決方法を選択した理由)
    • 実施手順の設計: 大目標、中目標、小目標とブレークダウンしていく
    • 実施可能性の証明:実現可能かどうかの検証
      • 保存則型、不可逆速型、制御速型
    • 信頼性(不確実性)の検討:そのシステムは完成できるのか、どこまで完成できるのか、
  • 第4章:証拠を提示するための章、実験の報告
    • システムの説明、その実用性を証拠がなくても示す
    • 手順->結果->考察
  • 第5章:論文全体の自己評価と総括の章
    • 研究の成果(考えたこと、わかったこと)
    • 成果の価値(学術的価値、実用的価値 - 先発生、明晰生、普遍性、可溶性の観点から。)
    • 成果の限界とその克服のための戦略 - 平凡さ、曖昧さ、狭さ、日実用性の検討。
  • 謝辞、参考文献一覧、付録(ソースコードの場所)

卒論の作業しやすい順序

  1. 写真を用意する
  2. 表を作成する
  3. グラフ、図面を作図する
  4. 小見出しのタイトルを決める
  5. 文章のスケッチを箇条書き程度で書く
  6. 文章をスケッチから二割程度の完成度になるまで書き込む
  7. 文章を二割から八割程度の完成度になるまで書き込む
  8. 文章を八割から完成するまで書き込む